スポンサーリンク

プレミアムキャットフードの疑問をすべて解決【高級品は体に良い?】

家族の一員であるペットにずっと健康でいて欲しいと願うのは当たり前のこと。

わが子の食事に「安全性」や「健康志向」を求めるように、ペットの食事にも気を使う飼い主さんが増えています。

そんな思いから近年では、プレミアムフードの需要が急激に高まっているのをご存知でしょうか。

そこでこの記事では、今人気のプレミアムキャットフードについて解説していきたいと思います。

一体、普通のキャットフードとどう違うのでしょうか?

プレミアムキャットフードとは?

プレミアムキャットフードとは、一般的なキャットフードよりも高い栄養価、安全性によって製造されたものです。
原材料や製法が吟味されており、その分商品の価格は高い傾向にあります。

しかし、プレミアムフードには明確な定義や基準、審査などは存在せず、メーカーがプレミアムフードとして標ぼうしたものは全てプレミアムフードとして販売することができます。

とは言え、高付加価値を求めてプレミアムフードを購入する消費者が多いなかで、何も特別なものが無い商品は淘汰されていくだけです。

明確なルールはないものの、プレミアムキャットフードが掲げている特徴として多いものは以下の通りです。

▶主な原料が肉・魚でできている
▶ヒューマングレードの原材料を使用している
▶グレインフリー・グルテンフリー
▶添加物不使用
▶こだわった産地
▶AAFCOなどの機関による品質保証

AAFCO(米国飼料検査官協会)はペットフードの基準を定めるアメリカの団体。
AAFCOは世界基準とされており、日本のペットフード公正取引協議会にも採用されています。

プレミアムキャットフードの特徴

プレミアムキャットフードが持つ特徴は大きく分けて6つあります。

①主な原料が肉・魚でできている

猫にとって最も重要な栄養素は動物性たんぱく質。そして、動物性たんぱく質を多く含むのは肉や魚です。
プレミアムキャットフードは、この動物性たんぱく質の配合量の多さを特徴にしていることが多いです。

市販品の中には、同じたんぱく質でも植物性であったり、ミートミールや4Dミールと呼ばれる様々な廃棄肉を粉末状にしたものが含まれているものもあります。

その点、プレミアムキャットフードに使用されている肉や魚は、チキンやサーモンなど「何の肉(魚)」か、「どれくらいの量入っているか」ということが明記されているため安心です。

②ヒューマングレードの原材料を使用している

プレミアムキャットフードは、ヒューマングレードと呼ばれる「人間が食べても大丈夫」な原材料のみを使用したものがほとんどです。

しかし、一説には本当のヒューマングレードは極わずかしか流通していないという声もあります。

本当にヒューマングレードの原材料が使われているか?ということを見極めるためには、製造から手元に届くまでの過程を全て開示している商品を選ぶことをおすすめします。

また最近では、有機栽培や有機農業で作られたオーガニックキャットフードが使用されているケースも多いです。

オーガニックキャットフードとして認められているかどうかを知るには、商品や紹介サイトに下記の表記があるかをチェックしてみましょう。

日本産      :有機JAS
イタリア産    :AIAB
オーストラリア産 :ACO

③グレインフリー・グルテンフリー

猫は穀物を消化することが苦手な動物。穀物を与えすぎると消化不良を引き起こしたり、アレルギーの原因になることもあると言われています。

しかし、安価なキャットフードにはイネやトウモロコシなどの穀物を主原料にしたものが多く販売されています。

一方プレミアムキャットフードは、そのほとんどがグレインフリー(穀物不使用)となっています。

また、グレインフリーほど数は多くありませんが、グルテンアレルギーの猫に配慮したグルテンフリー(小麦不使用)のプレミアムキャットフードもあります。

④添加物不使用

添加物とは主に、香料、着色料、保存料などを指します。

安価で売られているキャットフードのなかには、見た目や食いつき、保存期間のために添加物を含むものが多くあります。
これらは安全性に問題はないものの、出来る限り不要なものは入っていない方が望ましいですよね。

プレミアムキャットフードはこういった人工添加物は使わず、自然由来の成分で作られているものがほとんどです。

⑤外国産が多い

プレミアムキャットフードの生産国は、ペット先進国であるアメリカやカナダ、ヨーロッパが多いのが特徴です。

日本人である私たちにとってはどうしても「国産=安全」というイメージがつきもので、外国産のものは不安という方が多いのではないでしょうか。

しかし実は、ペットフードにおいては日本よりも外国のほうが厳しい基準によって製造されているため安全性も高いのです。

⑥価格が高い

プレミアムキャットフードは、高品質な原材料や安全性の高い製造法を採用しているため、どうしても市販のキャットフードに比べると高価になります。

1kgあたり2,000円~3,000円以上の商品が多く、1kgあたり4,000円以上のものも決して珍しくありません

しかしここまでご紹介してきたように、高いだけの理由があるのがプレミアムキャットフードです。

プレミアムキャットフードの選び方

プレミアムキャットフードと一口に言っても、多くの商品があるためどう選べばいいか悩んでしまいますよね。

選ぶポイントは4つ。

①ライフステージ
②目的やジャンル
③猫の体質や体調
④コスパ

基本的には普通のキャットフードと同じ選び方でOKです。

詳しくは下記の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

以上、プレミアムキャットフードについてご紹介しました。

高価なイメージが先行して手が出しづらいプレミアムフードですが、それだけの理由を持っているということが分かりました。

とは言え、いきなり高額な商品を買って食べてくれなかったら…なんて不安もありますよね。

そんな時はお試しサイズや無料サンプルから始めてみるのがおすすめです。
多くのメーカーがそういったサービスを行なっているので、ぜひ利用しましょう。

品質と価格を比較して、ライフスタイルや目的に合ったプレミアムキャットフードを見つけてくださいね。

もう試した?人気No.1自動給餌器「カリカリマシーンSP」

「ご飯をあげる時間や量を一定にしたい」
「最近太り気味で健康面が少し心配」
「急遽帰れなくなってしまった」
・・・そんな愛猫のご飯のお悩みに。

「留守番中どう過ごしてるか気になる」
「寂しがり屋で長時間の外出ができない」
「体調が悪くなったり、ケガしていないか心配」
・・・こんな不安の解消に。

<自動給餌器としてのスゴイところ>
▸1日4回/1分単位/10g毎のタイマー給餌ができる
▸機械オンチでも安心の簡単操作・設定
▸シンプル設計で丸洗いOK
▸アダプタ/電池の両方対応で災害時も安心
▸上フタと供給口にいたずら防止対策済み

<ペットカメラとしてのスゴイところ>
▸スマホ連動の双方向コミュニケーション機能搭載
▸100万画素・125度広角レンズのHDカメラ
▸写真も動画もワンタッチで撮影
▸最大8人まで同時共有可能

about me
OKOGE

Webライター&エディター歴6年の管理人による猫の総合情報サイトです。
猫に関する疑問やおすすめ猫グッズ紹介など、あらゆる情報を掲載していきます。

フォローする
食事
スポンサーリンク
Cat Manners
タイトルとURLをコピーしました